登録支援機関とは

特定技能において、管理業務が義務付けられています。管理業務は雇用受入企業が独自で行うことも認められていますが、業務量が多く煩雑であるため、登録支援機関に委託することができます。
主な内容は、空港出迎え、外国人支援計画書作成・提出、定期的な管理、定期的な日本語教育、日本人との交流機会、法定届出事項の確認と届出、報告書作成等です。
これに担当者を付けるようであれば、せっかく受け入れた外国人の人数コスト(人的資源)の採算が合わなくなる場合があります。

管理費用

・日本で就業経験のない場合、特定技能で初めて許可を受ける場合:月額50000円(キャンペーン・大口割引あり)
・技能実習生:月額35000円~45000円(提携共同組合による)
・技能実習生から特定技能へ変更する場合、支援機関変更の場合:月額40000円(キャンペーン・大口割引あり)
当社独自の受入コンサルティング(無料)により、上記管理費用の実質負担金額を、1万円~2万5千円程度軽減することが可能です。
これにより、月額2万円~2.5万円程度で見込めます。

登録支援機関へお申込み・お問い合わせ

同業の登録支援機関様 下記全部または一部業務を請け負います

登録支援機関も士業を中心としたビザや入国管理法の専門家や、技能実習生の協同組合も多く申請されています。しかしながら、空港送迎業務や定期的な管理業務や想像を絶するトラブル対応業務など、士業免許が不要な業務・既存の組合業務にない業務・内容が増えた業務があります。
また、職業紹介事業者や、他社で受け入れた場合など、管理業務の一部から全部を当社が請け負い、下請けさせていただきます。

・計画書の下書き
・空港出迎え業務
・住居の確保および管理(不動産管理業務)
・支援相談窓口業務(生活一般・口座開設・防災・医療機関受診)
・日本の支援業務(日本語学取得促進・日本人との交流支援)
・定期的な連絡確認業務(失踪防止対策・法廷報告業務等・月2回連絡等)
・受け入れ機関訪問業務
・報告業務作成代行
請負費用は月額1万円~2.5万円(上記の引受業務量によります)

登録支援機関へお申込み・お問い合わせ